のどの病気

扁桃炎・咽喉頭炎

急性咽頭炎

風邪の時によく起こしています。のどの痛み、発熱、声がれなどは咽頭や喉頭の炎症が原因です。
喉頭蓋という気管のふたにあたる部分や、声帯の直下の部分が腫れることがあり、その場合、呼吸が苦しくなることがあるので注意が必要です。

急性扁桃炎

のどの奥、のどちんこの左右にある扁桃が赤く腫れ、白い膜のようなものがつくことがあります。これは、細菌による炎症で、強い痛みと高熱を伴うことがあります。原因になる細菌は溶連菌であることが多く、リウマチ熱、腎炎、関節炎、心内膜症などの原因となることがありますので、痛みなどの症状が無くなっても、一定期間は抗生物質を続けてください。

扁桃より外へ炎症が広がって、周りに膿がたまってくると片方ののどが強く痛み、つばも飲み込めないぐらいになります。こうなると、膿を注射器で吸い出す必要があります。

習慣性扁桃炎

扁桃炎をたびたび繰り返す場合を言います。

年に4回以上学校や仕事を休まなければならない場合は、扁桃を取る手術の対象となる場合もあります。

声帯ポリープ・声帯結節・ポリープ様声帯

声がれが長引く場合にも、いろいろな病気があります。
もちろん喉頭がんが一番心配です。

声帯の診察は、鼻から入れる細いカメラで見るのですが、胃カメラのようには苦しくありませんし、すぐにできますので、ご相談ください。


クリニック概要

こざわ耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科・アレルギー科
愛媛県松山市高岡428-4
TEL:089-965-1133

診察時間
9:00~12:30




14:00~18:00



休診日・・・木曜午後・日曜・祝祭日
※土曜日は16時まで